冷え症がもたらす悪影響と改善方法

体の冷えは万病の元となるといわれている「冷え性」ですが、その対策には行ったどのような事があるのでしょうか?
この記事では冷え性がもたらす悪影響に加え、冷房の効いた室内や低温の室内においてどのような体を温める方法があるのかという事を紹介していきたいと思います。

<冷え性がもたらす悪影響について>
体が冷えている「冷え性」の状態が続いてしまうと血管が収縮し血の流れや体の代謝が悪くなってしまいます。
流れが悪くなるという事は「免疫力の低下」や「老廃物がうまく排出されない」という事態になってしまい、体が不健康な状態へと陥ってしまうのです。
その他にも「月経不順」や「腰痛」「手足のしびれ」「貧血」等の症状を引き起こす事もあり、体温の低い女性は冷え性による症状が男性と比べ多いので、体を温めることを心掛けなければいけません。

<冷え性時に体を温める方法について>
体を温める方法についてはたくさんあり、

  • 「暖かい飲み物を飲む」
  • 「軽い運動(ウォーキング・スクワットなど)」
  • 「ショウガ・ネギ等の体を温める食事をとる」

などといった対策を習慣付けて行えば冷え性を回避することに繋がります。
暖かい飲み物に関し「コーヒー」といった利尿作用のある飲み物については、尿と一緒にから体の熱を排出してしまう事になるので、暖かくとも体を冷すので飲まないようにしてください。

<入浴について>
体を温める方法の中で「入浴」は即効性と効果も踏まえてとても有効な対策です。
ただ40度以上のかなり熱めのお湯につかるのは、体力の消費や体の刺激が強いのでお勧めしません。
38℃程度のぬるめのお湯で半身浴を行うのが、芯から体を温める方法として最も適しており、体力の消費や刺激も少ないのでおすすめです。
半身浴の場合は約15分程度と人によっては長風呂と感じてしまうと思いますが、体を温めるためにはこのくらいの時間が必要なのです。
お風呂に長く入る事で発汗を促し、適度に疲労するのでその後の睡眠の質を高めてくれる効果もあるのです。

Comments are closed.