Archive for the ‘冷え性の症状と改善方法’ Category

冷え症がもたらす悪影響と改善方法

体の冷えは万病の元となるといわれている「冷え性」ですが、その対策には行ったどのような事があるのでしょうか?
この記事では冷え性がもたらす悪影響に加え、冷房の効いた室内や低温の室内においてどのような体を温める方法があるのかという事を紹介していきたいと思います。

<冷え性がもたらす悪影響について>
体が冷えている「冷え性」の状態が続いてしまうと血管が収縮し血の流れや体の代謝が悪くなってしまいます。
流れが悪くなるという事は「免疫力の低下」や「老廃物がうまく排出されない」という事態になってしまい、体が不健康な状態へと陥ってしまうのです。
その他にも「月経不順」や「腰痛」「手足のしびれ」「貧血」等の症状を引き起こす事もあり、体温の低い女性は冷え性による症状が男性と比べ多いので、体を温めることを心掛けなければいけません。

<冷え性時に体を温める方法について>
体を温める方法についてはたくさんあり、

  • 「暖かい飲み物を飲む」
  • 「軽い運動(ウォーキング・スクワットなど)」
  • 「ショウガ・ネギ等の体を温める食事をとる」

などといった対策を習慣付けて行えば冷え性を回避することに繋がります。
暖かい飲み物に関し「コーヒー」といった利尿作用のある飲み物については、尿と一緒にから体の熱を排出してしまう事になるので、暖かくとも体を冷すので飲まないようにしてください。

<入浴について>
体を温める方法の中で「入浴」は即効性と効果も踏まえてとても有効な対策です。
ただ40度以上のかなり熱めのお湯につかるのは、体力の消費や体の刺激が強いのでお勧めしません。
38℃程度のぬるめのお湯で半身浴を行うのが、芯から体を温める方法として最も適しており、体力の消費や刺激も少ないのでおすすめです。
半身浴の場合は約15分程度と人によっては長風呂と感じてしまうと思いますが、体を温めるためにはこのくらいの時間が必要なのです。
お風呂に長く入る事で発汗を促し、適度に疲労するのでその後の睡眠の質を高めてくれる効果もあるのです。

男性の冷え症と女性の冷え症改善方法

最近は、男女を問わず冷え性で悩んでいる人が多くなっています。
男性は女性とは違って暑さを感じやすい事もあって、夏場になると冷房をガンガンにかけてすごく冷えた部屋にいるということが多いと思います。
しかし、それが原因で男性も冷え性になってしまう事があります。

では、男性の冷え性はどう改善したら良いのでしょうか。
簡単な方法は、できるだけ冷房の温度高めにして多少暑いと感じる環境下で過ごすことです。
冷房が原因でなってしまった冷え性の場合は、軽度の冷え性なので、特に何か特別な事をしないと冷え性が改善しないという事はほぼないです。

ですが、それに対して女性の冷え性の場合は、男性みたいに冷房の温度にかかわらず、体が冷えやすい体質なので、環境や服装に気を付けるだけでは冷え性改善にあまり効果がありません。
そこで、女性の冷え性を改善するには、サプリを飲んでみることをおすすめします。
女性は体が冷えやすい体質なので、体の中から変えていく必要があります。
体の中からあたためてくれる冷え性改善サプリを使用することで、冷え性知らずな体に変化していくことが期待できます。

そのほかの改善法として、サイズに合っていない衣服の着用をやめる、ストレスを溜めない、寝る前に温かい飲み物を飲む、適度な運動を心がける、湯船に浸かるようにするなどもおすすめです。

極端に小さいサイズの服は、身体を締め付けてしまうので血行を悪くしてしまいます。特に寝間着やパジャマにそのようなサイズの服を着るのはやめましょう。リラックスして眠ることが出来なくなります。
自分に合ったサイズの服を着るのが一番です。

カラオケでストレス発散ストレスが溜まっていませんか?日々の生活の中でストレスを溜め込み過ぎてしまうと、中々冷え症が改善することは難しいでしょう。まずは、ストレスの元となる部分を見つけて、早めのうちに解消してあげることが大切です。
趣味や好きなことに勤しむ時間もしっかり取るようにしましょう。

そして、寝る前に温かい飲み物を飲むと自然と身体がポカポカします。安眠効果もあり、質の良い睡眠も取ることが出来ます。逆に冷たい飲み物を好んで摂るようであれば冷え症が悪化してしまうことがあるので、避けるようにしましょう。
飲み物だけではなく、食事内容も温かい物を率先して食べるようにしてください。おでん、カレー、鍋などがオススメです。

冷え症は運動不足から来ることもあります。適度な運動を行うことで代謝も上がり、常にポカポカとした体温を維持できます。ダイエット効果も期待大です。
毎日2時間のしっかりとしたジョギングなどは行わなくても良いので、エスカレーターに乗るよりも階段を使うというような身近な運動を心がけましょう。健康にもつながります。

忙しい毎日を繰り返しているとどうしても湯船にゆっくり浸かることが出来ず、シャワーで済ませてしまうことが多いです。
時間を見つけては肩までゆっくり湯船に浸かるようにしましょう。お風呂場にテレビや本を持ち込んだり、音楽を聴くことで自然と長風呂できます。
お気に入りの入浴剤を見つけるのも良いでしょう。ですが長風呂し過ぎてしまうと脱水症状を引き起こす場合もあるので、こまめの水分補給を忘れないようにしてください。

これらの改善方法を実践すると体の変化を感じることができると思います。
私は冷え症だからしょうがないとあきらめるのではなく、上記の改善方法をぜひ試してみてください。

これで改善できた!男性の冷え性改善方法

手足の先や下半身などが冷える症状は冷え性または冷え症と呼ばれています。
冷え性には四肢末端型や下半身型・内蔵型といった種類があり、それぞれ原因が異なります。

四肢末端型冷え性は40代以下の女性に多い症状で、血行不良で手足の先まで血流が十分に行き渡らないことが主な原因です。

下半身型の冷え性は加齢に伴う筋肉量の減少と梨状筋の硬化による脚の血流低下が原因となっており、男女を問わわず中高年に多い傾向が見られます。内蔵型の冷え性の原因は筋肉量の低下に加え、自律神経が乱れや栄養の偏りも挙げられます。

こうした冷え性は女性に多いと言われていますが、男性でも痩せ型の体型の場合は冷えの症状に悩んでいる人が少なくありません。
私も男性でありながら痩せていて筋肉量が少ないせいか、腹部や手足の冷えと頭痛や肩凝りに悩まされてきました。
腹巻をするようになってからは腹痛や下痢の症状もだいぶ改善しましたが、夏でも下半身や腹部の保温対策が欠かせません。
冷え性の改善方法についてインターネットで調べたところ、生姜に体を温める効果があることを知りました。
特に内蔵型の冷え性は体の内側から温めるのが効果的で、生姜に含まれるジンゲロールという成分が血行促進の働きをしてくれます。
ジンゲロール配合サプリただし生の生姜をすりおろして食べるだけでは冷え性を改善できません。
ジンゲロールは加熱することでショウガオールと呼ばれる物質に変化し、この物質に体を芯から温める働きがあるのです。
生姜を乾燥させると加熱するより効率的にショウガオールが増えるため、漢方の生薬にも使われている乾燥生姜はさらに冷え性改善効果が高くなります。

私の場合は自分で料理をしたり乾燥生姜を作ったりするのが面倒だったので、ショウガオールが配合されたサプリメントを試してみました。飲み続けているうちには腹や手足も冷えにくくなり、冷え性の体質も改善しつつあります。去年までは夏でも厚手の靴下が欠かせませんでしたが、この夏は素足で過ごせるようになったのです。