セックスアピールは大事な事

セックスにはやる気が必要

何事においても、意欲という物は非常に大事なものなのです。
幾ら、目的を持ってそのための準備をして手段を行使したとしてもそこに対する意欲という物が無ければ何事も身に付かない物なのです。
気持ちの問題、とは言いますがやる気の問題というのはあながち事実とは反しないんですよね。
セックステクニックを身につけるための
セックスを味わう
のも、やはりセックステクニックをちゃんと身につけたいと思う目的意識もそうなのですが。

その、テクニックを身につけたいと思うためにはまずセックス自体の質が良くないとやる気は出ないのですよね。
楽しいセックスをするためには、まずは相手選びが大事です。
特に最近は、出会い系サイトなどを使っているとスタイルのエロい女性が沢山いますので。
下手にナンパなんかをするよりもよっぽどいい女を捕まえることができるんです。
しかも、出会い系の女性は何と言ってもエロい人が多いので積極的なのです。
こちらの興奮を、より高めるようにして煽ってくれる子が多いのでこちらとしてもよりセックスを激しくしてあげようという風に自然と思わせてくれるのです。
そういう、
気持ち的な部分で高めるという準備
もテクニックを身につけるには必要なのです。

セックス相手を見つけるのは出会い系から

出会いの目的の中の、
セックス
というところに一番焦点を絞って相手を見つける場合。
やっぱり、どうせセックスを楽しむなら気持ちいい方がいいですからね。
マグロというか、受け身過ぎるようなプレイをする人よりも積極的にこちらを気持ちよくしようとしてくれるセックステクニックを持った相手の方がいいですよね。
そう言った、セックステクニックを持った人というのは出会い系サイトなんかでは普通に出会いを求めるよりもずっと見つけやすいのですが。
こういうテクニックにはピンキリがあるので相手を見つける場合、自分の相性とよく合う人を見つけた方がいいでしょう。
その時に、見るポイントの一つとして挙げられるのが募集文章で具体的にやりたいセックスを書いているかどうかというところですね。
そういう風に、プレイ内容を明記している人というのはセックスに対しての積極性や欲求が強い人もいるのですが。
それと同時に、自分から見てもどういう風にセックスをしたいのかということがわかりますので。

自分好みのセックスを求めている人を探すのにも便利だというメリットもあります。

やっぱり、何のかんの言っても自分の好みのプレイをすることが一番やる気を出すためのモチベーションになりますからね。

セックステクニック会得には勉強を

セックステクニックを高めるために、手先を器用にするだとか舌を器用にするだとか。
そういった事を俗説的に語るような人もいますが、セックステクニックというのはそういった物理的なことばかりが左右するのではなく。
もう一つ大事な要素として、相手の気持ちもセックスに向けるというような精神的な部分を左右する事も求められるのです。

ですから、器用さと言った肉体的な気持ちは勿論のことなのですがこう言った相手の精神を揺さぶるような心理的な部分に作用する知識という物も必要なのです。
セックステクニックとは、テクニックと言いつつも意外と知識が大事になってくるのですね。
こう云った、セックスに限った話ではないですが人間的な要素の絡むような事というのは実は割と心理学という物が作用しやすいです。
結構、にわか心理学というか独学で勉強できるような事でも
セックスの精神的な感じ方
をより良くするために応用できる知識は簡単に手に入れる事が出来ます。
セックステクニックを身につけるためには、
勉強も必要だという事なのですね。

貪欲に知識を吸収できる人、というのもある種のテクニシャンの一つとして捉えても決して言いすぎではないという事なのですね。

セフレは出会い系で会える


セックステクニック、という物は一朝一夕で身につく物ではなく。
繰り返し、色んなプレイを経験することで身についていく物ではあるのですが。
やはり、質のいいセックスをやる方が寄り色んなテクニックが身につきやすい物。
そう言った、質のいいセックスをするためにはやはりセックステクニックをもった経験豊富な異性とすることです。
インターネットを使って出会いを求めると、やはりそう言ったセックスに対して貪欲な人が集まりやすく。
そう言った、
質の高いセックス欲を満たすための濃い内容を求める人
が多いですからね。
ですから、セックステクニックを磨くためにより濃く激しいセックスをしたいならばまずは出会い系サイトを使うというのが一番いいんですね。
そして、まずは出会いを求める前の段階の部分ではあまりあれこれと策を弄そうとせずにストレートにセックステクニックを高めるための出会いを求めているということを明言した方がいいですね。
実際、そう言ったセックステクニックを磨くために激しいさを求めて募集している人なんかも沢山いますので。
募集文章だけでも、結構声をかけてくれる人が増えますので簡単に相応しい相手を見つけることができるのです。

セックスの基本は舌から

どうせセックスをするなら、容姿がいいだとかスタイルがいいだとか。
或いは、自分の好みの異性であるなんて云う風なセックス外の事も要素として影響するのですが。
やはり、何と言ってもセックスの気持ちよさがあるかどうかによってまたしたいかどうかという部分が左右される事かと思います。
ですから、相手を気持ちよくするためのセックステクニックはあればある程セックス関係を継続させるのには非常に役に立つわけですね。
その、テクニックの中の一つとして特に手軽かつ大きな効果を期待する事が出来る物と言えば何といっても舌技でしょう。
舌は、一肌でありながら
おまけにヌルつく唾液もセット
になっていますので。
強い性快感を、相手に痛みなしで与える事が出来るのです。

しかも、舌ならば傷つける事もありませんからちょっと強めに攻めたりして力加減がまだ分からない場合でもそれなりに気持ち良く感じる事が出来ますからね。
舌先から根元までを使って、軽くなめたり全体でなめたりというようなアクセントの違いを付けるだけでも効果は全然違うかと思います。
セックスの基本、というか愛撫の基本はまずは舌を使った攻めだと思っておくとより上手く技術を向上させる事が出来るかもしれません。

マニアックプレイができるからこそ

異性を、セックスの対象として見た時により高いセックステクニックを持っている人はやはり淫乱だったり、エロかったりするような性格の人が多いです。
まあ、或る意味これは当然の事というかセックスが好きだからこそより高いセックステクニックを身につけていく物。
好きこそ物の上手なれというか、好きだからこそより気持ちよくなるための技術を身につけようとする向上心やモチベーションという物を持ちやすいのかもしれませんね。
私のセフレにも、とにかくセックスが大好きなエロい女性がいるのですがセックステクニックの方も一級品ですね。

手で扱いたり、口でフェラチオをするのは勿論上手なのですが脇コキや足コキといった普段は普通やらないようなマニアックな扱き方まで得意なんですよね。

特に、脇コキなんていうのは痩せててちょっと筋肉質な女性だと締まりが良くて気持ちいいんですよね。
しかも、その女性が結構胸も大きいわけですから横乳に先が擦れてめちゃくちゃ気持ちいいんです。
こういう風に、自分の体に合っているのと同時にあまり普通はチャレンジしないようなプレイにまで手を出せるという人もまたセックステクニックが豊富な人、と言う風に呼ぶのかもしれませんね。

セックスには流れが必要

何事にも、流れという物がありまして。この流れという物を上手く読み取りその流れに乗る事が出来る人というのが何ごとも上手く行くようにできることができるわけですね。
セックスにおいても、そういった流れを読みそして作るということは非常に大事なことなのです。
セックステクニックの一つとしても、この流れという物は非常に大事なことなので覚えておいて損は無いでしょう。
さて、セックステクニックの流れというのはつまりどういう組み立てをするかということです。
愛撫一つとっても、最初から最後まで同じことを一辺倒でやっても特に効果は望めないというわけなのですね。
具体的に、どういうことをするのがいいのかというと
愛撫の最初の段階
ではそっと、弱くまずはくすぐるような感じで体の性感をじっくりと高めていくのです。
そして、高まって来たらさらに上乗せするように激しくしていくという流れが大事なのですね。
最初に、
いきなり激しくセックスしても
痛がられてしまうことがありますからね。
そういうのも、まずは弱めの性刺激で高めておいて…という風にすることで快感に変えることができるのです。
痛いくらいの刺激も、要はその前段階でいかにして相手の性感を高めるかというのが求められるのです。

音を使ったセックステクニック

興奮度合いを高めるためには、視覚や触覚を刺激するという事もあるのですが。
更に、その二つをよりいやらしく引き立たせるのに役に立つ手段の一つとして聴覚、つまり音を利用して際立たせるという手法があります。
こういう、音と言ったあまり普通は目を向けない部分に目を向けてセックスの要素として取り込む事の出来るセックステクニックを持っている人は。
セックスの工夫の仕方も上手かったりするので、実に楽しいプレイをすることが望めるかと思います。

私が、出会い系で知り合った女性の一人にこの音を使ったいやらしく激しいセックスをするのが上手な人がいて。
まず、特筆して挙げられるのが彼女の激しいディープスロートですね。
わざと唾液を口の中にためて、しゃぶる度にわざと物凄いいやらしい音を立てるんですよね。
しかも、空気を口の中に含ませる物ですから余計に音が立ちやすくてその音が立つ度に性器への刺激が強まるんですよね。
それに、何よりそういう下品な音を立てるという女性の姿は男性にとって非常に高い興奮要素を持っています。
アソコの方の汁気もかなり強くて、挿入の時も腰をちょっと角度をつけてくねらせて空気を含ませ音を立てるのが上手なのも魅力です。

巨乳の子は感度が鈍いわけじゃない

人によって、随分とセックスの在り方だとか意識だとかは違う物ですが。
ちょっと前なんかには、よく言われていた女性は胸が小さいと感度がよくて大きいと感度が鈍いなんて言う風な言葉があります。
人によっては、未だにその考えを信じている人もいるのですが実際はそんなことは全然ありません。
寧ろ、おっぱいの大きな女性ほど胸への刺激が好きだったりして敏感な子が多かったりするんですよね。

実際、私も巨乳の女性とした経験はちらほらありますがやっぱり乳首への刺激
なんか好きだったりしますからね。

上のような風潮が広がったのは、ひとえにセックステクニックのない男性が自分の下手さを認めたくないがために言いだしたものなのかもしれません。
相手の女性が、あまりセックスが気持ちよくなれないという時は相手の感度が悪いわけではなく。

自分のテクニック不足
だ、と認めて自分の腕を磨く事でより楽しく味わう事が出来るのです。
不足している事に関しては、相手に原因があるのではないかと思うのではなく。
まずは、自分の原因を疑う事が結果的に向上心につながるのです。
女性も、セックスのテクニックがあった方が嬉しいでしょうし次も望めますから自分の改善を試みましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ