冷え性の原因は自律神経が関係しています

冷え性の原因で最も多いのが、自律神経の乱れです。
自律神経は交感神経と副交感神経のバランスで活動しているのですが、何も意識をしなくても心臓が動き続けるのは自律神経の役割です。
自律神経の交感神経は興奮を司る神経ですが、交感神経が興奮して活発になると血管が収縮するので血流が悪くなり、冷え性の原因となります。

私の冷え性の症状は冬場が最も酷かったので、寝る前に唐辛子などに含まれるカプサイシンを飲んでいました。
また、冷え性の場合、睡眠時に手足が冷えることで中途覚醒を起こす可能性があるので、絹の靴下を4枚程度、重ねて履いていました。
靴下の重ね履きは冷え性の改善と同時に足の裏から体の毒素を吸収するので、健康に関しても効果的な方法です。

あとは、慢性的な冷え性の方の場合、運動が効果的です。
特に有酸素運動に関しては、血流の流れを良くしますので、冷え性の原因である手足の末端の血流が改善される効果も期待できます。
有酸素以外の運動としては、筋トレも効果的です。
筋トレを行うと筋トレを行った部分が熱くなるのですが、熱いということは血流が活性化された証拠です。
また、筋トレ後に有酸素運動を行うことで、脂肪の分解を促進する効果がありますので、ダイエットの効果も期待できます。
ダイエットをしている方で冷え性の方は多いですし、食べ物を摂取すると内臓が働き始めます。
内臓は消化中にもカロリーを消費していて、カロリーを消費するということは熱を発生させていることなので、冷え性の予防や改善に期待できます。

あとは半身浴も血管を拡張させる働きがあるので、ぬるめのお湯に30~45分間、長めに浸かることで冷え性の改善とダイエットに繋がります。
冷え性を改善する上で重要なのは体の外側から温めるのではなく、体の内側から温めることがポイントです。

東洋医学では冷え性は万病の元とも言われていますし、温熱療法などもあるので普段の生活習慣を改めるのが冷え性を改善する近道です。

冷え性を改善したいなら血行改善を目指せ

これから寒い季節になりますね。冷え性の人にとっては辛い季節です。体の冷えが続くと、頭痛や肩こり、疲れやすい、下痢や風邪をひきやすいなど様々な身体の不調ができてきます。
冷えは昔から万病の元と言われているので、体の冷えは絶対に治したいものです。

お風呂冷え性になるのは原因があるので、この原因を知り改善していく必要があります。冷え性は体の中の血行がよくないためにおこり、筋肉と関係していて、筋肉が少ない人は冷え性になりやすいと言われています。
血行を良くするための大事な基本は、食事、半身浴、適度な運動があります。夏場でもクーラーで体は冷えているので、まず体を冷やさないような衣服を着ることに気をつけ、運動不足の人は特に体全身の血液の循環が悪くなり冷え性になるので、適度な運動をして筋肉を使い血の流れをよくしていきましょう。
血液改善によい運動は、適度な有酸素運動のウィーキングや筋トレ、ストレッチなどがあります。筋トレは腕たて伏せやスクワット、腹筋などがおすすめになります。

私は、真夏のクーラーの中で一日仕事をしていると体は熱いのにクーラーで足先だけとても冷えていて、疲れやすかったので、体の基礎代謝をあげるために白湯を一日800ccほど飲んでいました。
朝太陽がでている間にウォーキングを30分して夜はストレッチとぬるめのお湯に入ることで、体が温まるようになりました。
特に白湯を飲んでいると体の内臓が温まるのがよくわかります。

体を温める食事は、しょうがや黒豆茶、鶏肉、味噌、ニンジン、かぼちゃ、ネギなどを積極的に食べるようにしましょう。
食事でも体が温まるものを食べるように意識し、冷え性 改善 サプリメントで体を温めるともっと効果的です。
おすすめは高麗人参で、生姜よりも全身を温めてくれる力が何倍もあります。

高麗人参は体を温めてくれる時間が長く持続するので、冷えを感じにくくなります。
冷えが改善されると、自律神経も整い、イライラしたり疲れがなくなるので、一日元気にすごすことができます。